RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
アルコールバーナーの作り方 1
アルコールバーナーはとても便利です。
ガスと違い低気温下でも一発着火です。
燃料のアルコールはドラッグストアで手に入ります。
燃料用アルコールが手に入らない場合は割高になりますが、ガソリンスタンドでガソリン車用の水抜き剤(イソプロピルアルコール)で代用することが出来ます。
災害でカセットガスなどが手に入らない時でもガソリンスタンドに行けば水抜き剤なら手に入れることができますもんね。

本体も軽く、燃料のアルコールも小さなペットボトルに入れて携行することが可能です。

不満な点は火力調整が困難
昼間の太陽光の下では火が見えない。

こんな感じかな


市販のアルコールバーナーではトランギアの物が有名です。



価格は2500円前後

空き缶を利用して簡単に出来るので作って見ましょう!


アルミ缶とスチール缶を用意





スチール缶に線を引きカットします





つづく
author:ブロン, category:DIY, 16:42
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:42
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://burosan55.jugem.jp/trackback/81